全ては何故を解決するために

育児、ライフスタイル、旅行、日々感じることをちょっとずつ書いていきます。

【体験記録】Lufthansa:荷物遅滞到着(baggage delay)の対応状況

羽田空港から全日空ミュンヘンへ乗り継ぎ、ミュンヘンからウィーンに向かったときの話です。荷物が5日遅れてホテルへ到着したことがありました。
6泊8日の旅程だったので残り3日間の荷物がようやく届いたという感じでした。
 

旅行時の旅人達のスペック

家族構成 30代男性1名、30代女性1名、幼児1名
 

なぜ荷物の遅延が起きるのか?

海外の旅行先で起きる荷物の遅延はトランジットが発生するフライトで発生することが多いようです。その主な理由として、以下の4つが挙げられます。また、下にいけばいくほど見つかるまでの時間がかかります。

1.係員の方がトランジット時にのせ忘れる。(多くの場合、1,2日で発見される)

2.間違えて異なる行き先のフライトに荷物が乗ってしまう。(2-4日程度 ※今のシステムでは起きにくそうです)

3.シールが剥がれてしまって、行き先がわからないまま放置される。(4日以上)

※今回のケースがこれです!!

4.遅延ではなく、紛失。

※今回の対応を受けて紛失のパターンは以下の2つにおさまると感じました。
a)誰かが意図的に持って行った場合
b)自分のスーツケースがユニーク(シールが貼ってある、キーホルダーがあるなど)でない場合
 
 

荷物遅滞が起きた時にやらなければならないこと

1.旅行会社の遅延対応カウンターへ向かい荷物の紛失届けを出す。

これをやっておかないと荷物が見つかる率が大きく落ちます。カウンターは手荷物受取台の近くに必ずあるのでいきましょう。

2.補償(compensate)について交渉をしておく。

航空会社によっては一定の金額、歯ブラシなどの必要最小限のアメニティを持っていることがあります。事前に交渉しておくといいようです。
※ちなみに私はその実態を知らずに一切交渉をせず後で後悔しました。

3.継続して航空会社へ連絡をとること。

意外とこれは重要なようです。私は紛失してから継続して問い合わせを取り続けました。その一部始終は別途ブログに起こす予定です。
 

今回学んだこと

1.機内持ち込みは大切
ロストバッゲージのことを検索すると最低2,3日分の衣服は持ち込みましょうと記載されていますが、その通りでした。
男性1名分の4日分の衣服、幼児の3日分の衣服は持ち込んでいたので、うまく洗いながら使用することができました。
※女性一名分は追加で少々購入しました。
 
2.荷物紛失と荷物遅延は違う
buggage lost!!と交渉してしまうと、色々とややこしくなります。
We can not find buggageであることを伝え、buggageを探してもらうことに注力しましょう。
 
3.スーツケースはユニークにしておくこと
私たちの場合手荷物発見の決め手はスーツケースに貼ってあったシールでした。
必ずスーツケースはuniqueにしましょう!!
特徴的なバッグでない場合は似たようなスーツケースに埋もれ、なかなか見つからず、さらに時間が過ぎることもあるようです。
 
 

【保存版】荷物遅延状態のときの対応の進め方

荷物の遅延を経験した場合、手荷物紛失の申告が必要です。
方法は2つありますが、オンラインでの申告は頻繁に紛失しており対応に慣れている方やビジネスのため手続きカウンターに並んでいる時間がない方向けと判断し②に特化して話していきます。
 
①到着から48時間以内にオンラインで申告
②空港の各社バゲージサービスカウンターで申告
※参考までに①で進める場合はオンライン対応している航空会社サイトから以下のフォームに情報を入れて対応します。

f:id:ambitious_lover:20180711054549p:plain

荷物が届かない!!そんな時にまずやること。

 

~空港の各社バゲージサービスカウンターで申告を進める~

(1)はじめにLost baggageと伝えます。厳密にはbaggage delayなのですが、覚えやすいのでLost Baggageで十分だと思います。

(2)カウンターの方から連絡先(電話番号、E-mail Address)やBaggageの特徴を記載するFormをもらえるのでそこで詳細を記入してください。

※ここでBaggageの特徴を詳細に記載することが重要になります。特徴についてはIndividualであればあるほど見つかりやすいです。

 

【番外編】

 

ほとんどの人がここまでで終了ですが、次のステップとしてCompensation(補償)があるかどうか聞いてみてください。

航空会社によって各種各様の対応をとっており、歯ブラシなどの生活必需品が入ったポーチをくれる会社や実際にお金をくれる会社など様々です。

(3)Form記入後、File Referenceという番号が付与されますが、この番号があとあと役に立ち、World Tracerというサイトを経由して都度見つかっているか否かを確認することができます。

 

f:id:ambitious_lover:20180621001303p:plain

 
(4)適宜連絡を航空会社にとること。
最近は海外でWifiを使うことのできるホテルが増えました。スマホさえ持っていれば、定期的にやり取りができます。以下、私が使用したものです。
青く消している部分はWorld Tracerで付与された番号です。

f:id:ambitious_lover:20180721234104p:plain

 

(5)突然見つかったっぽいメールがくる。

ここで特筆すべきは、タグが外れていたこと。また、外れてしまっていたけどスーツケースがUnique(ビートルズのステッカー)になっていたことがポイントです。

f:id:ambitious_lover:20180721234423p:plain

 

5日遅れで荷物が手に入りました。

RIMOWA電子タグが採用されているスーツケースが売られていますが、なるほどタグが外れてしまうLost Baggageが多いからRIMOWAが開発したのですね。

理にかなっています。さすがドイツ。。。

f:id:ambitious_lover:20180721234948p:plain

 

以上、もし同じ思いをされた方がいたら参考にしてみてください。

 
 
 
 

学研 ニューブロック(クレーン車)

学研のニューブロック、最終系は記載されているものの、作り方がわからないということはありませんか?そのような方向けの手順書です。

【完成品イメージ】

f:id:ambitious_lover:20180720002725j:plain

【用意するパーツ】

f:id:ambitious_lover:20180720002422j:plain

【組み立て手順】

(1)

f:id:ambitious_lover:20180720002434j:plain

(2)

f:id:ambitious_lover:20180720002429j:plain

(3)

f:id:ambitious_lover:20180720002440j:plain

(4)

f:id:ambitious_lover:20180720002437j:plain

(5)

f:id:ambitious_lover:20180720002447j:plain

(6)

f:id:ambitious_lover:20180720002450j:plain

【完成!!!】

f:id:ambitious_lover:20180720002725j:plain

 

【旅行】1歳3カ月の子どもと一緒にいった海外の旅程(ベルギー、ちょっとフランス)

しばらく海外に行けないだろうという覚悟で子どもを連れだしましたが、仕事の関係で再度ベルギー、フランスに行く予定がたったため、再度子どもを連れてヨーロッパに向かいました。

今回着眼するポイントとしては、バシネットが使えなかったこと、ちょっと歩き始めるようになったことの2点です。

1.バシネットが使えなかったのは、単純に席の運です。前の方の席を予約することが出来ず、子どもを抱えて過ごすことになりました。運が悪かった理由としては、御覧のとおり旅程が完全にお盆と重なってしまったことが理由です。

2.子どもが歩き始めてという点は、このタイミングくらいから認識するようになりました。

歩けるようになった子どもは、歩きたくて歩きたくてしょうがありません。少しつかまり立ちしながらしか歩けないのですが、果敢に通路を歩きたがります。

事前に以下のような用意周到なスケジュールを立てて旅行に出ました。

f:id:ambitious_lover:20180528235815p:plain

 

しかし、ちょっとフランスと記載があるとおり、フランスは17日→18日のとんぼがえりをしてしまいました。

理由は子連れであったことを理由にパリでリュックを開けられて怖い思いをしたことにあります。

実際の被害にはあわずになんとか帰ってきましたが、子連れで行くパリはかなり危険でした。

ベルギーも危険な場所はありますが、危険オーラが漂っている場所は明らかなので危険オーラさえ避ければ被害にあうことはありません。

子連れでフランスに行こうと思われている方、くれぐれも注意を。。。

TGVの入り口となる各主要駅は狙われやすいと思いました。

 

最終的には以下のようなシンプル旅行へ変更、とはいえ、ブルージュへ向かい小さな街を楽しむことにしました。

f:id:ambitious_lover:20180529000821p:plain

 

この旅のラーニングは、

1)子連れでヨーロッパ南部へ向かうことは避ける。

2)出来るだけ1都市を拠点に移動することを心掛ける。

 

となりました。

【旅行】生後11カ月の子どもと一緒にいった海外の旅程を公開(ドイツ、オランダ、オーストリア)

転職のいいところがあるとすれば、自分の時間に余裕ができることだ。

とはいえ、私は思い切って無職の期間を作る勇気はなく、次の転職先から早く仕事に就いてください、と言われていたので、9日間に限定してヨーロッパを周遊してきました。そのときは子どもが生後11カ月でした。

今、思えばこの月齢で連れていけてよかったと思います。

理由その1:子どもが歩く前なので飛行機の中で子ども自身が退屈しない。むしろずっと寝ているので、大人の自由が利く。

理由その2:バシネットというゆりかごに子どもを寝かせることが出来るので、席の面でも安心。

個人旅行とはいえ、ある程度スケジュールを作っておかないと、見たいものが見られない!ということがあるので、事前にラフにスケジュールを組みます。

押さえておいた見たいものとして、以下をピックアップしました。今の時代、ネット予約でほとんど並ばずに入れるので時間を無駄にしないためにも事前予約だけはお忘れなく!!

1.アムステルダム国立美術館(以下の予定にはオランダ国立博物館と記載してあります)

https://www.rijksmuseum.nl/en/tickets

2.アンネの家

http://www.annefrank.org/en/

3.マウリッツハイス美術館

4.ノイシュヴァインシュタイン城

f:id:ambitious_lover:20180525053906p:plain

【育児】電車で通う保育園(2)

電車通いをしている園児、そこそこいます。

園児が退屈せずに電車にのるコツを引き続き記載していきます。

意外と多いのは(1)折り紙をする、(2)本を読むです。とはいえ、(2)の本を読むは声を出さなければならず、周りに迷惑をかけてしまうので、

(1)の折り紙に特化して話していきたいと思います。

一方で園児が作れる折り紙は種類が限られています。

完璧を目指すのではなく、三角をおるだけくらいで十分です。あとは工夫次第で色々な形ができます。三角の両端を折り曲げれば花になるし、これに顔をかけば猫や犬のようにも見えてきます。

f:id:ambitious_lover:20180523045833j:plain

だんだんと作る喜びも生まれるので、あっという間に電車での時間が過ぎることでしょう。

帰りの電車で座りながら折り紙をする子、行きの電車で立ちながら折り紙をする子、色々な子どもがいます。

スマートフォンを見せるのはとても簡単ですが、親も少しスマートフォンを我慢して、一緒に折り紙を折ってみるといいと思います。

意外とつくるのが難しいことが分かりますし、年齢に応じてどのような作品を作っていってあげればいいか、色々な例を探すきっかけになります。

 

【育児】電車で通う保育園(1)

久しぶりの更新となります。この1年間3歳になったばかりの子どもを連れて保育園へ電車がよいをしていました。

そのこつをいくつか紹介します。

1)優先席に座らせていただく

優先席に座って本を読んでいるとあっという間に時間が過ぎてしまいます。しかし、この選択は始発駅もしくは、席を譲ってくださる方がいることが前提になります。

2)先頭車両に乗って運転席を見させる

電車の先頭で移り変わる景色を見させていると、あっという間に目的の駅に到着します。ただし、ほとんどの電車が高めの位置に窓が設置されているため、抱っこしてあげないと子どもが景色を確認することができません。

子どもの目線からでも見られるような先頭車両が開発されればいいのに、と思います。

JR,私鉄の皆さま、参考していただければ幸いです。

3)ひたすら抱っこ

体力さえ持てば一番楽な方法です。後は広告をつかいながら、平仮名、数字、英字を認識させたり、絵、景色を見せてあげれば十分です。

ただし、これは終了させるタイミングを見誤ると抱っこが大前提になってしまいます。

私の場合は1から入り、2、3を駆使しながら、最終的に2だけにシフトしていきました。

3歳前半は基本的に体力勝負でした。